弁護士を依頼する際の費用

相手方の過失による交通事故に遭ってしまい、相手の自動車保険会社の担当者との交渉がなかなかうまくいかなかった時には、仲介役となり、代わりに示談交渉を行ってもらうために、弁護士を自分自身で探して依頼をする必要があります。

 

具体的な費用の内訳は、まず、依頼する弁護士を探して、相談を行ったときの最初の相談料がかかります。相談料は、ほとんどの場合、時間制となっていて、1時間10000円程度が相場となっています。そして、正式に依頼をすることが決まったら、着手金を支払います。着手金は依頼をした結果が納得のいかない結果など、どのようなものになっても返されることはなく、決まった割合を支払う必要があります。もっとも大きい金額が報奨金と呼ばれるものです。裁判で勝った場合、もしくは希望通りの結果になった場合に支払います。アンケートによると、着手金と報酬金との合計は、80万円から90万円ほどが多いという結果が出ています。

 

その他にも裁判所などへ提出する書類の印紙代、切手代、また、裁判所などに出向くときの交通費や宿泊代などの実費、そして事務的な書類を作成する場合の手数料なども依頼者が支払うことになります。

加入をしている自動車保険に、弁護士費用特約を付けておけば、この場合に弁護士を付けるために必要な費用をカバーすることができます。