弁護士費用特約のメリット

任意の自動車保険には、弁護士費用特約が選べるようになっている商品が多くあります。弁護士費用特約とは、正式には弁護士費用等補償特約と呼ばれています。

 

もしも車に乗っていてぶつけられた、もしくは車をぶつけたりなどして、交通事故に遭うことがあったら、交通事故の当事者が加入している自動車保険会社の担当者が代理として、それぞれ示談のための交渉を行うことになります。ただ自動車保険会社に加入をしていても、示談交渉を行ってもらえないというケースもあるのです。それは、100%相手方に責任がある交通事故の場合です。100%というのは、こちらは車を停車している時に、他の車に追突されてしまったケースを指します。こちらに過失がない場合には、加入している自動車保険は使う必要がなく、相手方が加入している自動車保険を使用することになります。そのため、相手の保険会社の担当者と直接、示談の交渉をしないといけません。

 

仕事などをしていると、直接交渉を行うことは、とても手間ひまがかかり、また時間も多く取られてしまいます。そういった問題が起こった時のために、弁護士費用特約を付けておけば、示談にかかる交渉や、費用の負担を減らすことができるのです。