弁護士費用特約の内容

保険会社によっても違いがありますが、自動車保険で弁護士費用特約を付けると、大体2000円ほどがかかります。同じ弁護士費用特約という名前でも、保険会社によって保障内容や、有効となる内容にも幅があるので注意が必要です。

 

弁護士費用特約は、300万円までの弁護士等費用が保障されるという保険会社がほとんどです。300万円とは別に「法律相談費用保険金」として、弁護士への法律相談をした時に発生する相談料のうち10万円が保障されるところもあれば、法律相談の費用も、300万円のうちに含まれている保険会社と、2つに分かれています。弁護士への法律相談は基本が1時間1万円なので、じっくりと相談をしたくても時間が気になってしまう、という方には、法律相談の費用が別になっている特約がおすすめです。また、自動車での事故だけではなく、日常で起きた事故によるケガなどで弁護士を依頼するときにも適用される特約もあります。

 

弁護士費用特約は、保険会社にもよりますが、おおよそ2000円から3000円ほどかかります。日常の事故までカバーできる特約は高くなる傾向にあります。弁護士費用特約に申し込まなくても、基本の保険料に組み込まれている保険会社もありますので、内容を良く把握して加入をしましょう。

弁護士を依頼する際の費用

相手方の過失による交通事故に遭ってしまい、相手の自動車保険会社の担当者との交渉がなかなかうまくいかなかった時には、仲介役となり、代わりに示談交渉を行ってもらうために、弁護士を自分自身で探して依頼をする必要があります。

 

具体的な費用の内訳は、まず、依頼する弁護士を探して、相談を行ったときの最初の相談料がかかります。相談料は、ほとんどの場合、時間制となっていて、1時間10000円程度が相場となっています。そして、正式に依頼をすることが決まったら、着手金を支払います。着手金は依頼をした結果が納得のいかない結果など、どのようなものになっても返されることはなく、決まった割合を支払う必要があります。もっとも大きい金額が報奨金と呼ばれるものです。裁判で勝った場合、もしくは希望通りの結果になった場合に支払います。アンケートによると、着手金と報酬金との合計は、80万円から90万円ほどが多いという結果が出ています。

 

その他にも裁判所などへ提出する書類の印紙代、切手代、また、裁判所などに出向くときの交通費や宿泊代などの実費、そして事務的な書類を作成する場合の手数料なども依頼者が支払うことになります。

加入をしている自動車保険に、弁護士費用特約を付けておけば、この場合に弁護士を付けるために必要な費用をカバーすることができます。

弁護士費用特約のメリット

任意の自動車保険には、弁護士費用特約が選べるようになっている商品が多くあります。弁護士費用特約とは、正式には弁護士費用等補償特約と呼ばれています。

 

もしも車に乗っていてぶつけられた、もしくは車をぶつけたりなどして、交通事故に遭うことがあったら、交通事故の当事者が加入している自動車保険会社の担当者が代理として、それぞれ示談のための交渉を行うことになります。ただ自動車保険会社に加入をしていても、示談交渉を行ってもらえないというケースもあるのです。それは、100%相手方に責任がある交通事故の場合です。100%というのは、こちらは車を停車している時に、他の車に追突されてしまったケースを指します。こちらに過失がない場合には、加入している自動車保険は使う必要がなく、相手方が加入している自動車保険を使用することになります。そのため、相手の保険会社の担当者と直接、示談の交渉をしないといけません。

 

仕事などをしていると、直接交渉を行うことは、とても手間ひまがかかり、また時間も多く取られてしまいます。そういった問題が起こった時のために、弁護士費用特約を付けておけば、示談にかかる交渉や、費用の負担を減らすことができるのです。

交通事故の弁護士費用特約とは

バスや電車などの公共交通機関が利用しづらい場所に住んでいる方、また、子どもやお年寄りがいる家庭にとっては、車は生活に欠かせない乗り物です。通勤や通学の手段として、また病院に通ったり買い物などのために、日常の足として毎日車に乗っているという方や、ドライブが趣味で、旅行には自家用車で行っているという方も多いと思います。

 

自動車は行きたい場所に行きたい時に行けるとても便利な交通手段ですが、残念ながら車同士の衝突であったり、物とぶつかってしまったりするなど、交通事故に遭ってしまう可能性もあります。万が一、交通事故を起こしたときのために、自動車の運転者が必ず加入する必要があるのが、自賠責保険と呼ばれる自動車保険です。

 

ただ、自賠責保険の加入のみでは保障されている内容が十分とはいえないため、自賠責保険と併せて、任意で自動車保険に加入することが一般的となっています。現在、何十社もの保険会社が自動車保険の販売に参入しています。そして各社さまざまな商品を販売しています。

 

自動車保険には「特約」と呼ばれるオプションを選べるようになっている商品も多くあります。その中で注目されているのが、「弁護士費用特約」と呼ばれるオプションです。もしも交通事故が起こってしまった時に役立つことになる弁護士費用特約とは、具体的にはどのような内容のオプションなのでしょうか。また、自分や家族にぴったり合った自動車保険の商品を選ぶポイントなどをご紹介いたします。